こころ

どこまで自分を楽しませるかゲーム

新年が始まり、仕事も今日からスタートする方が多いのではないでしょうか。

今年大事にしたいこと

仕事や日常生活において、私が大切にしたいことは何か。それは「どこまで自分を楽しませることができるか」また「余白を作る」ということです。

「どこまで自分を楽しませることができるか」、これは自分が何をするにも楽しくないと感じていた今までの自分を振り返ったことから出てきた言葉です。何をしても虚しい、こんな自分が嫌だと感じる。そういう自分はどこから出てきたのか。考えてみれば、全ては自分から生まれてきたことだと思います。自分を責めるわけではなく、ただ単純に自分を楽しませようとしていたか?というとそうでもなかったな、と思ったのです。

「余白を作る」、これは自分を楽しませようとしたとき、自分が傍若無人になっても楽しくはないだろうということを想像しました。きっと自分の周りにも余白を作っておくことで、楽しめる余裕も出てくるし、人との関係性も広げることができる。だから余白が必要だ、と直感的に感じました。

やらなきゃならないを脱ぎ捨てて

私はもともと、こういった目標を立てるとき「やらなきゃならない」と感じてしまいがちな人間です。ですが、目標を立てれば立てるほど、自分が窮屈になることも分かっています。

だからこそ、今回は「やらなきゃ」ではなく「やってもいいよ」にシフトしたい。

ゲーム感覚でやるくらいが自分に負担をかけずに楽しめる方法なのかもしれないと思うのです。失敗したり、できなくても「ま、ゲームだからいっか」そう思える感じでいたい。

だから今年はやらなきゃスイッチをOFFにして、楽しくやってみたらいいと思います。

自ずと時間を大切にできるように

最近、最も大事な自分の持つ資産とは何かを考えたら、お金でも体でもなく「時間」なのではないかと思います。

時間というのは人によって体感値が違います。しかも時間は自分で動かすことができないものです。だからこそ時間には絶対的な価値があると思います。

嫌な気持ちで時間を過ごすのか、満ち足りた気持ちで時間を過ごすのか、それは自分の心持ち次第であるということが存分に考えられます。

あなたなら答えのないこの世界で、残りの時間をどうやって使っていきますか?私ならなるべく大切に使っていきたいと思います。