こころ

無駄なことをしないようにやることで埋める

起業しようとしてもできない、その理由ってなんだと思いますか?

一番は時間の使い方だと思う

起業したいといい始めてから2年が経ちました。去年の年末、個人事業主の届け出を出しました。もうすぐそれから1年が経とうとしていて、何が変わったか。

  • 副業がなくなった→収入が減った、暇な時間が増えた
  • 起業塾に入った→気持ちは高まっているが出費がかさんでいる
  • 自分の事業の仕事も中途半端になっている

この現状に対して、自分が思うことは「あまりいい方向にはいっていない」ということです。

どうしてこうなってしまったのか、いろいろ考えます。そして一番の理由は「暇な時間を作ってしまったから」です。

仕事がないとだれてしまう。だれている間にいろんな情報を集めることに躍起になって1日が終わってしまう。情報だけ集めたところで、結局自分で収益を生み出せていない。むしろ外に出て行くばかりで浪費が増えてしまっている。

つまり、時間の使い方が下手くそなのです。

上手な時間の使い方とは

では、どうしたらよかったのか?という話なんですが、時間を自分でコントロールするってとても難しいことだと思うのです。

自分にとって一番効き目があることは「やらなきゃいけないことを作る」ということだと思います。例えば、起業すると言って情報を調べて本を読み漁るのをやめ、実際に設立するためのステップをTODO化して、締め切りを決めて、こなして行くという事。

これをやって実際に会社を作って仕舞えば、あとはその会社をなんとかするために動くしかありません。

今までの自分を振り返ってみても、余裕がある時間をうまく自分でコントロールして使えた試しがないんです。だから「やらなきゃいけないことを増やしてやる状況にする」。これが一番良い方法だと思います。

起業してみて、ダメならやめればいい

やらなければやらないほど、怖いことが増えていく。そう思いませんか?

起業ができないと2年悩み続けても、結局やらなければできないのです。収益が同行の前に、やらなきゃいけない環境を作る。そしてやってみて、ダメなら廃業するまでです。

起業しないから働く意欲も湧かないし、働けなければ収益も増えないし、収益が増えなければ会社を辞めて独立することもできないのです。

今私がやるべきことは、とにかくやることを作り目の前のことをこなすように動く。それだけです。