こころ

起業するぞ!

ふと思い立ちました。いつまでもぐじぐじしていられない!と

無収入でも起業できる

このブログ開設時からずっと独立したいと言っていた私。個人事業主の登録は去年して、副業フリーランスになったものの、途中から副業の仕事が途絶え、スポットの仕事の量も徐々に減っていきました。

会社員の生活は続けていきたい。でも本当にこのままでいいのか?と自問自答する日々。

起業塾に入ってみたり、別のブログを再開したり、いろいろ少しずつ動いてはいるものの収入は増えない。収入が増えないまま起業せずに終わるのか…と思うとやる気もなくなる。

そして、いつかできればいいのかな、今は会社にすがっていればなんとか仕事はあるしお金ももらえるし…なんて思っているうちにすぎて行く日々。

ですが、いろんなことがないまぜになって、疑問が湧くようになりました。「本当に収入がないと起業しちゃいけないのか?赤字でも起業したいって思えればいいんじゃないか?むしろ起業した方が尻に火がついて頑張れるのでは?!」と思うようになりました。

そしてネットで検索すると「無収入でも起業できる」の文字!もちろん諸経費はかかるので全く収入がない人が起業するのは危険です。ですが会社員でも副業起業はできるし、それは法律で守られています。

まずやってみるから始めたっていいじゃないか

この2年間、全く無収入だったわけではありません。月4千円とかのレベルでも収入はありました。

よく「起業するなら500万円の収益が出てないと税制とかの面で不利!」みたいなことを書かれていますが、もはやここまでくるとお金の問題じゃなくなってきているように思います。

いくら稼げるとかどうとかではなく、まず起業してみたい!自分の居場所を自分で作りたい!私にとってそれが大事なのだと。

そしてその場所がないからこそ、モラトリアムで「今は会社員だからいっか」なんてやらない理由を見つけてダラダラしてしまうんだと思います。そんな生活を今まで2年してきて、これから500万円の収益が出るまで続けられるようが気が全くしません。

勉強を始める気分を上げるために文房具を揃えることから始めたりする人がいると思いますが、起業もそんな形があっていいと思います。

まず箱を用意してから、徐々に中身を詰めて行くように。

自分責任を果たす

世の中のセオリー通りに収入をコツコツ積み上げるということも、副業で請負仕事を続けるということも、起業塾に入って情報を得ることも、全てやってみて思ったのは「結局状況や周りのせいにして何も始めないのは、自分を裏切っていることだ」ということです。

自分が自分のために、仕事の場所を作り責任を持ってそれを守って行くという形を自分で作って行動しない限り、自分は自分の期待を裏切っていると思います。

2年前に思い描いた自分になるためには、私は自分のために自分責任を果たすことが大事。その一歩に起業して責任を自分を負ってみる、ということがあるんだと思います。

始めたらきっと動き出さずにはいられない性格。頑張って責任を負ってやってみようと思います。