こころ

楽しい瞬間を思い出す

毎日同じことを繰り返していると、いつの間にか忘れてしまうことがあります。

楽しいことが小さくなった

小さな頃に、初めて行った遊園地、初めて行ったレストラン、新しい友達と、新しいクラス。小さな頃は初めてに少し怯えながらも楽しんでいた。

大人になって、いつの間にか当たり前の毎日が続き、それも自分で全部管理しないといけないことが増えて、こなしてばかり、そして時間がなくなって、楽しみもほんの小さなことになった。おやつを食べるとか、美味しいものを食べるとか。

そんな生活の中に少しの贅沢を感じることも楽しいけれど、このまま楽しみを縮小させたまま人生終わっていいか?と聞かれたら、嫌だな…と思ってしまう。

じゃあ楽しいことって何?

じゃあ、大人になった今改めて本当に楽しい!って思えることってなんだろうか。

美味しいものを食べる以外の楽しこと。

例えば、体をめいいっぱい使ってみるとか、いつもとは違う知らない場所に行ったり冒険してみたり。あとは、新しいことにチャレンジすることかもしれない。

スキューバダイビング?サーフィン?富士山登頂?

そんなことでもいいし、プログラミングを学んでみるとか、自分とは全く疎遠のフランス料理を勉強してみるとか?

きっと、できないと思っていたことやできそうにないと諦めていたことが、「できる!」に変わる瞬間も楽しいだろうなと思う。

休みの日には遊んでみようか

コロナで家にいるのが当たり前になってしまったし、元々の性格も手伝って、あまり動かないまま家でだらりと過ごしてしまうのがデフォルトになっている。これはもしかして、コロナ前の社会人になってからずっとそうなのかもしれないんだけど(笑)

今は緊急事態宣言が明けたのだし、せっかくだから今日の土曜日は外に出てみようか。バーに行ってみるのもいいし、夜景を見に行ってもいい。スポーツをしに行ってもいいし、行ったことのない場所に行ってみるのもいい。

冬になったらまた外出が厳しくなる気がしているので、今のうちにいろんなことをして楽しんでおこう。楽しめる時に最大に楽しむ。そんな人生にしていきたい。