こころ

怖いけど…チャレンジ

何かを始めるのは、ちょっと怖い…。

初めての人と関わるのもちょっと怖い

考えてみれば、昔から人と話すのが苦手でした。

人が私を見てどう思うか、自分の顔は嫌な雰囲気を出して相手を不快にしていないか。人の視線が気になる。人が眉を潜めるのが気になる。そんな子供でした。

ですが、オンラインのミーティング増えて、自分の顔が見えながら話せるようになってからその悩みは解消しました。オンラインサロンに入って、少しずつ知らないコミュニティや居場所や思想を持つ人と話せるようになってきました。

だけど、知り合いが増えるたびに、リアルで会うことにちょっとどきっとしたり、その人から仕事をもらったり、一緒に何かやることが少し怖くなっていることもあります。

自分一人ではできるけど

自分一人のブログ、何かを作って無料で配ったり。そういうことはいくらでもできます。

だけど、途端に人と何かを作ったり、報酬でお金をもらうとなると躊躇してしまう自分がいます。なぜなんだろうといつも思うのですが、相手から期待されることに答えられるのか、責任を持つということが怖いのかもしれません。

自分一人の範囲ならできることも、他の人が介入することで、責任や評価がついてくると思ってしまうから。

だけど、それだといつまで経っても自分一人の遊び事のままだし、何にも発展していきません。人は社会に触れ、人々に触れて成長していくし、その中から新しい発見をしていくのだから。

なので、今回思い切ってオンラインサロンで新しい環境に飛び込んでみたり、誰かと何かを一緒にやったり作ったりしてみることにしました。そしてその対価としてお金をもらうこともやってみたいと思っています。

自分にできることを自分で制限しないで

私は、自分を前に出すことがとても苦手だったし、一度前に出してみて失敗した経験から前にでちゃいけないと思っていました。

けれど、考えてみれば昔より自分ができることも増えているし、周りの人たちも私の肩書きや経験よりも私自身を見てくれるようになっているような気がしています。

だからこそ、自分を開示しないままより、少しずつ自己開示をして自分から歩み寄っていけば、また新しい道や経験ができるはず。怖がってばかりいずに少しずつチャレンジしてみます。