こころ

多分、できる

できないと思っていたこと、うまくいかなかったこと。

思い込みは時に自分の行動を縛り付ける

自分にはこんな未来は来ないんじゃないか、逆に自分の未来はこうなるに違いない。そんな風に思い込んでしまうことが結構あります。

悪いことが起きたら、将来は真っ暗でいいことなんてほとんど起きないまま人生が終わるんだろうな。そんな風に希望を抱けないまま、何年も過ごしたのが、ここ5年くらいだったと思います。

こういった思い込みは、自分を縛ってきたと思います。思い込むからなかなか行動に踏み出せない、思い込むから行動しても馬力が湧かない、思い込むから新しいものを受け入れる余裕がなくなってしまう。

今考えると、自分のそういう性格が、暗い側面を生み出してしまっていたなと思います。

できないと思い込んでいたけど、誰も決めていない

だけど今考えてみると、暗い側面をいつまでも持っていれない自分もいるんです。

思い込んでいたとしても、それをずっと引きずる体力もないから、結局自分は良い方向に向うとするのです。まるで動物としての生命力がそうさせるように。

そう考えてみると、今思うことは、思い込んでいたことは決して誰もそうだとは言っていないということに気付いていなかったと思います。

問題は自分の中にあったんです。「できない」「無理だ」「このままに違いない」そんな風に自分を縛っていた思い込みを「できる」「可能だ」「きっと変われる」そう転換できるのも自分なのですよね。

本当は何もかも自由

一度失敗ことをまたやるのも、やったことないことにチャレンジするのも、ずっと同じことを繰り返すのも、全部全部自分で決めていいんです。

こうしたほうがいいというセオリーはあるかもしれないけれど、それを選ぶか選ばないかも自分。つまり、どのように生きるのか、どのように過ごすのか、全てが自由なのです。

理解しているつもりでも、体験しないとわからなかった、そう思います。

自由だからこそ、理想を自分で描いてしまった方がいいし、嫌なことを避けるために危機回避をする方法を考えて行動できる。もっともっと自分に素直にポジティブに、きっとそうなれるはずです。