のほほん

やっぱり自分で動かなきゃいけない

起業コミュニティに入りましたが、入ってみて早速わかったことをメモしておきます。

ここは、起業がゴールではない場所

もちろん自分で選んだのだから当たり前ですが、私が入った起業コミュニティはあまりガツガツとしていません。大事にしていることが「個人の幸せ」「自主性」であり、具体的な集客方法や収益化の方法を教えてくれる起業塾ではないということです。

なぜそういうところを選んだのかというと、目的ありきの起業コミュニティというのは中身のない箱を作って量産しているから、その時は良くても長続きするビジネスというのは作れないだろうと思ったからです。

長続きのしないビジネスを作って、一生懸命方法論を学んでも自分に残るものが薄くなるような気がして、そういうものよりは、人との関係性をゆっくり育んでいける場所として、いろんな人に相談できる場所を選びました。

つまり大事なことは「自分が動かない限り誰にも相談できない」ということなのです。自分が何かしないと前に進まないし、前に進まないと悩みも出なくて、悩みが出なければ相談することもない。そしてコミュニティとも疎遠になってしまうでしょう。

だからこそ、自分でちゃんと動かしていかなければです。

改めて始める

じゃあ今すぐ新しいことを始められるか?というと、それは少し難しいかなと思います。

なので、やっぱり今までやってきた中途半端だったことを、結果が出るまでやり切ってみようと思います。それをやりながら新しい商品やサービスを考えればいい。

だからやることはかな〜り地味になる想定です。

毎日記事を書いたり、写真を選定してSNSにアップしたり。ラジオやYouTubeをやってみたり。今までやっては中途半端にしてきてしまった、そういうことの連続です。

途中で投げ出してしまったことをもう一度やり直す。そのタイミングが改めてやってきたんだと思います。

成果が出るまでやり続けよう

考えてみれば、良いアイデアも中途半端にしてしまったのは、すぐに成果が出なくて面白みを感じれなかったことと、フォーカスする対象が別のことに行ってしまった(離婚とか借金返済とか転職とか…)ことかと思います。

でも今なら、ある程度あらゆることが落ち着いてきました。少し経済力もついてきました。だけど今のままだと、ダラダラとした時間を過ごして、人に何かを求めて自堕落な自分になってしまいそう。

だから、本当に今がいろんなことをやり直すにはいいタイミングです。このチャンスを逃してしまったら、もったいない。時間が余っていると思える今だからこそ、改めて打ち込んでみようと思います。