こころ

年末まであと3ヶ月

あっという間に今年も残り3ヶ月となり、3/4が過ぎたということになりました。

振り返ってみるとどうだろう?

2021年の目標ややりたいことを書いていた過去ブログを振り返ってみると、まあ意識が高すぎて無理難題が多いこと(笑)

そのブログのやりたいリスト・目標の半分も到達できていない現状です。もちろん、残り3ヶ月で全部をクリアしてやる!みたいな意識もあまり湧かないわけで(笑)

考えてみれば、2020年は借金地獄から抜け出して普通の生活をするまでの準備をひたすらにしていたから、自分の中では、自分の心を成長させることの比重よりも社会にどうやったら適合できるのかということを考えていたということが多かったなと思います。

なので、当時の自分の心持ちのまま目標を立てるとそうなるよね〜といった内容ばかりなのです。何かの資格を取るとかスキルをみがくとか、コミュニティに入るとかそういう対外的なものがメインで、自分の心にフォーカスしたものってなかったのかもしれない。

改めて今、残り3ヶ月

じゃあ、今改めて3ヶ月後にどうなっていたいのかを考えてみます。

3ヶ月後、こうなっていたい
  1. 小さな物事にそれぞれ意味を感じて、毎日コツコツを楽しんでいる
  2. 好きなことや出来事に夢中になっている
  3. 自分のビジネス(や生きていくことに)好奇心を持ちながら模索している

かなり心理的な状態の方にフォーカスしているなと(笑)

というのも、改めて資格とかで武装する必要がないなと思っているのと、資格を早く取得することを目指すより、資格を取る過程のなかで自分のオリジナルな学びを得られることの方が大事だな〜と思うようになったのがひとつあります。

借金返済時には、早く○○という状態になりたい!とばかり思っていたけど、いざその状態になっていても心が虚しいのは、自分の心が満足していないからだとわかりました。

自分がいかに物事を「とりあえず」で済ませてきてしまっていたか、夢中になる前にさらりとかわしてしまっていたか、本質を理解する時間すら取ろうとしていなかったな〜、そういう意味ではちょっと怠惰だったのかもと思うように。

もちろん頑張って得た結果があるから、今こう思えるのですが。

「形にこだわる」という意識を手放す

2021年が始まった頃、「形にこだわらない」とよく口にしていたことを思い出します。

でも今考えるとそう言っていた自分が一番形にこだわっていたかもしれません。

「お金はある程度持ってないといけない」「恋人はいないと寂しい」「自分は〇〇という資格や売りポイントがないと生きていけない」…etc.

そんな風に思う自分に呪文をかけながら、言い訳をしていたのかもしれないなあ。心は形にこだわってないつもりだから!と。

形にこだわってみてもいいよね。そういう時だってある。形にしないと納得できないから頑張れたりするわけだし。そういう状態も、形にこだわらなくてもいっか〜と軽く思う時だって、両方ある。どっちがいい悪いじゃないよなあ。

「形にこだわらないかっこいい自分!」を抜け出して、こだわってもこだわらなくても、自分ってこうなんだと抱きしめてみる、そういう自分になれますように。