こころ

ブログ開始から2年

明日でブログ開始から2年になります。2年で何が変わったか振り返ります。

何も自信を持てなかった2年前

離婚して、借金もあって、職場も変わって、全く人が信じれず、自分も信じれないような2年前でした。

安くて古いボロアパートで、何かを変えなきゃいけないとブログを始めたのを今でも覚えています。建前上はうまくやっているようで、頭の中はごちゃごちゃ。未来に希望を描くどころか、今目の前の問題を解決して生きることに精一杯でした。

「とにかくこのまま借金を抱えたままで死ぬなんて、親に迷惑をかけるから絶対に嫌だ。」それだけ思っていました。

だから働くということやお金を稼ぐということ以外に希望を持つのは、なんとなくその時の自分にとっては贅沢なような気がしていました。

徐々に生活環境が変わっていく

2年前はコロナがまだなかったので、とにかく生き抜くことばかり考えていましたが、いつの間にか生活は一変しました。

リモートワーク中心で、家で過ごす時間がほとんどになり、会社の煩雑なことに頭を悩ませる機会も少しずつ減っていきました。そして借金返済も終わり、好きな場所に移り住んでみたり、苦手な職場の人間関係からも徐々にフェードアウトするように。

その代わり、このままの自分でいいのかと自問自答するような日々が始まりました。そんな時、このブログは自分を振り返る大事な場所になったと思います。

最初はお金のことしか考えていなかったので、タイトルもお金にまつわるタイトルだし、お金のことについて書き続けるつもりだったのです。ですがいつの間にか、お金から自分のことや考えを書くような内省の場所に変わっていました。

大きな新しいチャレンジをしてみよう

そして今、夢物語だった自営の仕事をもっと本格的にするために動き出すことにしました。「45歳までにセミリタイア」というテーマを掲げていたときは、45歳以降はほとんど働かないお気楽な人生にしようという考えでした。

それは今の会社員でも実現できることとは思いますが、それも少し違うように思えてきました。まず今の会社員だけの給与でお金を用意するには、日々の生活をだいぶ節制しなければならず、その節約生活を楽しめる自信がなくなってきました。それよりも、好きなことをしてお金が貯まるならそれをやってみたい。

そして、会社で働くという事はある手段としては私にとって大事なのですが、本当に納得する人生を送るという意味では、今の時点で会社の仕事に染まると言うことが納得感があるかといえばそうでもない、ということに気づきました。

この人生が遊びだとしたら、あと10年我慢しているのか、もっと遊んでみようとトライするのか、そう思った時にトライする方を選んでみたいなと思います。

どこまでできるかわからないけれど、またこのブログとともに変わって行けたらいいなと思います。また2年後が楽しみです。