こころ

何かに入り込むまでの期間

小さな頃からエンジンがかかるのに時間がいるタイプでした。

これを始めよう!としてもやれない

小さな頃から、「あれをやってみたい!」「いつかこうなるんだ!」と思っても、まずその一歩をすぐに踏み出せない子でした。

金管バンドにも入れなかったし、漫画を書ききることもできなくて、スポーツも中途半端、勉強も中途半端。

とにかく目の前のことを片してから…と順序よくやろうとしても、その本当にやりたいことにたどり着かずに終わってしまったり気が変わってしまったり。

さらに「今時間があるからやるぞ!」となっていた時も、なんだか始めることが億劫になってダラダラしてしまったり、他のことや掃除をし始めてしまったり。

こういう自分の性格がとにかく嫌いでした。

謎に人生の転機には対応できた

こんなにも始めることが億劫で初動ができない自分なのに、なぜか人生の転機はなんとか乗り越えてきました。

進学や就職、結婚、離婚、転職。何度もしている引っ越し。借金返済。

どれもすごくエネルギーのいることで、心が挫けそうになることばっかりなのに、なぜか乗り越えてこれたのは、「やらなければならない」ということが根底にあったからかもしれません。これをやらないと自分の未来は何もないという窮地に追いやられた感覚が、なんとかそこから脱出できたということかもしれない。

だけれど、そういうなんとか抜け出すやり過ごすという人生にもそろそろ疲れてきました。

自分が自ら欲して作り上げて、知って動いて結果が出るということをやってみたい。そんなふうに思うようになってきました。

あるひとのブログを見て

こんなグダグダな自分はこのままどうなってしまうんだろうか。人生上向かないまま終わるのじゃないかと思っていた矢先、ここ2〜3年定期的に見ていた方のブログの過去文を読み返していました。

そこには、私と同じように様々なことに振り回され傷ついたり悩んだりしながら、変えなきゃいけないと理解しつつ変えられない、けどなんとか節目を迎えた時に現状を変えていった、その人の軌跡がありました。

その人は私より一回り上の方ですが、今は自分の好きなことや感性に従ってすごくのびのびと過ごされています。私もこんな風になりたい!と思えるような輝き方です。

きっと何かをすぐに始められる人もいるけれど、私には何か大きな出来事がないと自分の人生を変えていく原動力が湧かないタイプなのかもしれません。その人のブログを見て、何かの節目に気づいて一念発起して行動を起こすことも悪くないと思えました。

自分のダメなところばかりを見ずに、いいところをどんどん発見して状況を変えて行ったその人のように、私も12年後はそんな輝かしい自分でいたいです。

そのためにも、少しずつ自分の幅を広げていけたらと思います。