こころ

ひとまず引っ越した

引っ越しがなんとか終わりました。

いろいろ片付けるものはあるけれど

まだまだタンスの中も色々ごちゃごちゃのまま。とにかく荷物を全部引っ張り出して並べた状態ではあります。けれど一応引っ越しは完了しました。

考えてみれば、やっぱり物が多いんだなあと思います。ずいぶん少なくしたつもりではあったのですが、やっぱり都内の狭い部屋に移り住むと、こんなにもまだ物を持っていたのかと驚きます。

せっかくなので毎週少しずついらないものは捨てていけたらと思っています。なるべくミニマルに、最低限必要なものと好きなものだけを残す部屋にしておきたい。とてもいい機会です。

近隣環境は、少し安心した

近隣は住宅街で、とても静かです。大きな道路は近くにはなく、家がひしめき合っています。前の家のような開放感や自然は少ないけれど、隣人の声に悩むことはありません。

ゴミ出しの場所もちゃんとしていて(以前はゴミ出しの場所が散らばっていて歩いてもっていくのが大変でした)、時間やルールも複雑ではないです。

何より下に大家さんが住んでいますが、とても優しそうな方で声をかけてくださいました。挨拶ができる人がいるのは少し心強いです。ご迷惑にならないよう、穏やかに暮らしていけたらいいなと思っています。

次は古民家に住んでみたいかもしれない

とはいえ、本当に狭いワンルームですので、流石に40代になった頃にはここには住めないだろうなと思っています。40代になるまでには、お金を貯めて広めの家に越せるようになりたいです。

もしくは、二拠点生活も悪くないと思っています。将来自分のやりたい事業をやる場所、かつ週末も過ごせる場所として古民家を買ってリノベーションをして住む。そんなことができたらいいなと思うようになってきました。

まだまだ5〜6年くらい先のことですので、考えるのは早いかもしれませんが、あっという間にすぎていくと思うので目標は持っておきたい。

そのためにも、何が必要なのか計算し、お金もちゃんと貯めていけたらと思います。