こころ

生きていれば

生きていれば、いろんなことがある。

誰とも違う、オリジナル。

なかなかうまくいかなくて、頑張ってみても、また何か欠けてしまって。いつも「ひとり」を感じて、だけどそれを受け入れてみたり、諦めてみたり。

苦しさから逃れるために、いろんなことにチャレンジしてみても、やっぱり何か違う。どこまで行っても満足のいくことのない人生です。本当に自分って身勝手なんだな、と思う。うまく周りになじまなくて。

こんなに突飛で変でオリジナルな人生や私を受け入れてくれる人がいたら。そんな甘い思いを抱いていたことにも、辟易した今日。

それでも人生の時間は迫ってくる

だけど毎日生きていることには変わりない。

今日だって明日だって、私はこの命が健康である限り生き続けるしかないのだ。疲れても、辛くても、苦しくても、やっぱり生きていくしかない。

自分で自分をなくしたりするようなことは私にはできない。

だったら、どうせこれからも生きていくなら、せめて自分だけは程よく生きていけるように、知恵を絞って、自分をなんとかマシな方へ、心地よい方へ導いていくしかない。

誰に後ろ指刺されようとも、誰も理解してくれないような世の中に感じても、やっぱり自分を救えるのは自分でしかないと思う。自分で何とか生きていくしかない。

生きているだけで十分なのだ

考えてみれば、毎日健康に生きているだけで十分なのだ。それだけで十分幸せである。

それなのに、周りと比べたり、もっともっとと欲張りすぎた結果、自分を苦しめていることがたくさんあるのかもしれない。

シンプルに生きることを楽しめたら、もっともっと幸せは目の前にあるかもしれない。シンプルに、生きていこう。