こころ

50代からの生き方

漠然とですが、未来の生き方について考えています。

あと20年後

最近、会社員として働くのは40代いっぱいくらいまでという気持ちが高まっています。

正直、今の会社に50代以上の人がかなり少ないことと、自分のスキルの分野として50代以降も活躍できる自信がないというのがメインの理由ではあります。

また、生活のためにお金を稼ぐという時間をなるべく短くして、50代以降は自分の好きなことで余裕を持って生きていきたいからという理由もあります。

今の仕事が嫌いなわけではないですが、持病の関係もあり、体力的にも長く続けられないと思っています。

その20年後、果たして私はどんなふうになっているのかよく考えます。

人生の折り返し地点

人生100年時代において、50歳は人生の折り返し地点です。とはいえ、前半の50年よりも体力は衰え、時間は早く過ぎ、やれることも少なるでしょう。

あくせくと働くこともできず、無理をすることもできない。せめてその時までには、そんな生活をしなくてもいいようにしておきたい。それが私のささやかな願いです。

元々そんなに体が強くはないので、日々の生活(特に食事や健康)に気を使って、マイペースに穏やかに暮らしていきたいです。

そして、自分の好きな場所を作ること。それを一番大事にしたいです。誰かが疲れた時によりどころとなるような、どんな人でも安心して過ごせて気を抜いて「また頑張ろう」と思える場所を作りたいです。

こんな場所をつくる

喧騒から少し離れた場所で、庭みたいな緑がある場所がいいなと思っています。

風が通り、ボーッとできるようなところ。おしゃれすぎず、気張らずに自分一人時間を楽しめるようなところです。

家でもないし、お店すぎないところ。何時間いてもいいです。おいしいものや心温まる物事があるような場所。

物件を探すにも時間とお金がかかるし、経営の知識も身につける必要があります。やることはたくさん。

でもあと20年ある。サボらずに、少しずつ夢の実現に向けて日々やれることをやっていこうと思います。