こころ

ちょっとずつ片付けを

引っ越しももう少し。少しずつ、片付けていきたい今日この頃です。

忘れていたけれど…

まだ少し先ではあるものの、引っ越しまで1ヶ月を切りました。

公共料金や引越し業者の連絡のほかに、公的機関への登録の切り替えや医者を変えたり、諸々やることがあります。

そして何より、冷蔵庫の中身を処分したり、食べ切れていない食料品を見直す機会でもあります。毎回引越しの時にこれが気になっているんですよね…。

そして、洋服もなるべくいらないものは処分して、捨てて行きたいなと思います。今よりも狭い家になるので、なるべくコンパクトに生活できるよう、物をなくしていきたいです。

片付けの最中に気になること

私の性格でしょうか、片付けをし始めるといろんなことが気にかかってきます。

仕事もひと段落しておきたいなとか、この土地を離れるにつれて声をかけておくべき人や、行っておくべき場所はどこかな、などなど。

実際に住んでいるときには「いつか行けばいいや」と行けていなかった地元の名所も気にかかってきます。こんなに近くにいたのに、毎日何をしていたんだろう…と反省します。笑

ここの土地は、自然の豊かさや空気感の良さが一番良いところです。都会にはない、のんびりマイペースで暮らす人たちの明るさが土地に充満しています。

だからカフェや個人のお店もどことなくマイペース。行けていなかった場所に毎日少しずつ行って見るのが目標です。

さみしさはもちろんあるけれど

この土地にはゆかりがあってきたので、離れるのは正直さみしいです。

前回の引越しの時は、ワクワクしかなかったのに、今回はちょっぴり寂しい。でもまたいつでも来れるので、そんなに悲観しないでおこうと思います。

実際に住んでみて、自分のような感じではまだ定住するには早かったことがわかり、ライフラインも自分の働き方と連動するような場所じゃないとまだ生活が難しいということがよくわかりました。

都会はそんなに好きではないけど、都会の中に自然や楽しみを見つけ、人と関わって行けたらいいなと思います。

またいつでもここに遊びに来よう。場所は関係ない、自分次第だ。