こころ

形にしようと焦っていたのかもしれない

離婚→引っ越し・転職→副業開始→借金返済→引っ越し→転職→新しい恋人に別の人との結婚を迷っている宣言される→副業終了→また引っ越し。

これを3年くらいでやっていて、こんなにも怒涛の人生を歩んでいる私ですが、今また振り返ってみると、ひとつのことに気づきます。

いつもある形を求めていたんじゃないか

都度都度何も頑張っていないわけじゃないです。むしろ頑張りすぎていたほどにやってきたかもしれません。

でも、どうしてまたこんな堂々巡りの激しさに振り回されているのかを考えたとき、自分の心にある穴を見つけたような気がします。

「社会的にこうある幸せをいつか私も手にできる。手にする!」と思い込みすぎていたんではないか。そういうことです。

離婚は悪いことだ、借金は悪いことだ、職場の人間関係が悪い、好きな恋人にそっぽをむかれている、こんな自分にしてしまった今の自分がいけない。そう思い続けて、全部逆のことを目指していたかもしれません。

お金に余裕があって、幸せな人間関係の職場で働く、幸せな結婚をして、そんな自分は素晴らしい。そう思っていたんだと思います。

でも現実ってそんな風にいきません。だってこの幸せの設定に自分の思いや理想が入っていないんですから。

私が人生で大切にしたいことは何か

今の恋人を好きになって付き合おうとした時、周りに反対されて口を出た言葉は、「私は結婚がしたいんじゃない」という言葉でした。それを聞いた家族は「周りがこんなにも結婚や子供について心配する年齢なのに、そんな夢みたいなことをいつまで言っているの?」

確かにそうかもしれません。でも私はその言葉を呑み込めずに、返事をできませんでした。だって離婚をした原因はそれにあったと思ったから。結婚ということの意味を深く考えず、相手とどんな人生を作ろうとも自分がどんな人生を過ごしていきたいかも考えずにいたから。だから相手との歩調が合わなくなってきたとき、絶望したんです。そして、どんどん距離が空いてしまい、悪い方にばかり状況が向かって結果離婚しました。

だから今の恋人を好きになった時、そういう形から入ることをやめたいと思ったんです。好きな気持ちを大事にして、形は話し合って決めようと。でも、他の人との結婚を悩んでいるという言葉を聞いた時「ああ、やっぱり家族の言う通りなのかな」と思いました。今の恋人でさえ結婚というものを意識していて、私が夢を見ていたのかなと。

でもしばらく考えた今、やっぱり私の思いは変わらないと思います。形から入る結婚は、他の人は良いかもしれないけれど、私は違う。この人と一生一緒にいたいと思っていても、相手にその気がないのならそれは難しいことだし、相手との話し合いなしには形にはできない。だから好きでいるということは思い切り自分が愛情をかけることであるから、形から入ることはしないと。まして、無理やり形にしようと他の人と恋人を奪い合うことなんてしたくないです。だからもし恋人が他の人と結婚するという決断をしても受け入れようと思います。それは彼の考え方だから。ただ私と考え方が違うだけなのだから。

私の人生で大事にしたいことは「本質を愛し、大事にする」ということかもしれません。だから無理やり形にしたり、自分を装飾するために着飾ることはなるべくやめようと。

心の底からやりたい!楽しい!ということを大事にできる人生であれるように。

形が大事なんじゃない、自分の心の内側が大事

私のプライオリティは決まっています。私の心の内側を大事にする。

だから形に無理矢理しない。もちろん自然な形になるのは全然いいです。今は、形から入ってしまうことを少し離れてみる、それをやってみたいんです。

不器用なやり方で、周りから心配されたり変な目で見られるかもしれない。でも自分で納得するまでやってみて様子を見てみようじゃないか。そしたら後悔なんてもうなくなると思うから。