のほほん

オリンピックから感じること

連日行われているオリンピックですが、皆さん見ていますか?

今回のオリンピックが教えてくれたこと

今回のオリンピックは1年延期、さらにコロナの状態を見つつ直前までやるやらないの問題や、利権や金銭トラブルなども相継ぎました。(もしかしたら今もまだあるのかも)

このオリンピックが教えてくれたことは非常に多いなと思っています。

例えば、日本の国民がいかに政治に興味を持っていないかということ。首相や都知事を責めたところで、その人たちを民意で選んだのは私たちなのですよね。国民が他責偏重のある結果が、こういったことを引き起こしてしまったのかと思います。

確かに利権が絡んでいてどうしようもできないこともありますが、それを見て見ぬ振りして素通りする文化を醸成してしまっているこの国の国民性にも問題があるような気がしました。

私たちが本当に考えるべきことは、目の前のことをなんとかすることではなく、どのように生き、そのために何をすべきかということなんだと思います。そういう思慮深さのなさが露呈したオリンピックになってしまったんじゃないか、そう思います。

スポーツ選手の努力はそれは素晴らしい

もちろん、スポーツ選手の努力の結果が実ったり、実らなかったり、その過程に感動したり心を動かされます。

だけど、この感動や心を動かされたことをエンターテイメントとしてだけ楽しんでいていいのか…と疑問に思いました。

こんなにも世の中がガラッと変化している今だからこそ、逆境の中でも努力するオリンピック選手たちの背中を見て、自分たちこそ変わっていく時期なのかなと思います。

テレビを見て鼻をほじりながらアイスを食べている場合ではありません…。

大それたことじゃなくていい、真実の自分を見つめて

「今からオリンピック選手になる!」とか「何かの一番になってやる!」と気合を入れたほうがいいということを言いたいのではなく…。

世の中の変化の中で見えてきた自分たちの生活で足りないと思うこと、または本質的にはどうあったほうがこの世の中で良いのだっけ?という思考を深めるということが大事な時期なのかな、と思いました。

私も「なんとかサラリーマンをやってお金を稼いで生きていけばOK」という考えの癖を脱皮して、私が「本来自由に生きれるとしたらどう生きていきたいのか、そのために何が必要なのか」をもうちょっと深掘りたいし、少し深掘りかけることができた期間となりました。

何はともあれ、オリンピック関係者の皆様お疲れ様です。残りの期間もたくさん刺激を受けていきます。