こころ

日々を支えるもの

歳をとればとるほど、習慣の力というのは偉大だなと思います。

睡眠・食事・運動の大切さ

ここ1〜2年の私は、何か気分が落ち込むと家で何もしなかったり塞ぎがち、睡眠時間もまばらで、さらに食事も摂らないかジャンクフードを摂取してしまうような生活です。

ですが、これを続けていくと、本当に気力が湧きません。体力がないから気力が湧かないんです。当たり前のことなんですが、スルーしてきてしまっていました。

このままでは本当に良くない…と思っています。

ある40代のYouTuberの方がおっしゃっていましたが、「この年になると健康な体の反応だけで嬉しいと感じることがある!排泄だけで気持ちよく、生きていてよかった!と思える」という気持ちになるそうです。

まだそこまでいけるほど健康体ではないのですが、目指すべき場所はそこな気がしました。この世に体という乗り物を持って生まれてきたのだから、体は一番大事にする基礎かなと思います。

とにかく健康にいよう

気力がなくても、とにかく体が健康であれば動けるし、動いていくうちに気力は自然と湧いてくるものだと思います。

思えば離婚をしてから、無気力が続いてしまっているのはそういうところがあるかもしれません。気持ちが体をひきずってしまっていたかもしれません。

体が健康であり、生活習慣に乱れがなかったら、何かしら発見や学びがあり、前にむいていけるはずなんです。

習慣というのは本当に尊いです。時間を無駄にしないし、自分の基盤を整えてくれるから。基盤がないと突然のことに対応できないし、フラフラと振り回されてしまう生活をしてしまいます。

健康習慣を手に入れよう

とにかく睡眠・食事・運動の基盤を作っていけたらと思います。

ストイックにしなくても大丈夫。少しずつ、習慣を作って行けたらと思います。無理をせずに健康になれる習慣を少しずつ自分なりにカスタマイズして作っていこう。

健康習慣を作るのは、気持ちが一番安定する大事なことのような気がします。今ここでこの習慣作れたら、きっと死ぬまで大事にしたい基盤になれるはず。

まずは1ヶ月、8月はそういった習慣を作っていけたらと思います。