こころ

コツコツと積み上げる

毎日の希望が少しでも薄れているなら、やっぱりコツコツと積み上げることが良いかもしれません。

自分が進んでいることが可視化される

先に希望が持てなくて、やる気も沸かない…。そんな時にはやっぱり「積み上げ」をしておくのが良いかなと思っています。

例えば、私だったらこの日々のブログ更新。

どんなに辛い日でも、やる気が起きない日でも、一言「やる気が起きませんでした」と記しておくのも積み上げです(笑)

これをやると、翌日に頑張ってブログを更新した昨日の自分を褒めてあげたくなります。辛くても一歩進んだ、頑張っているという軌跡が残っているのが、少しだけ今の自分を支えてくれるから。

人生に波があるとは言うけれど、どうして私の人生はこんなに波だらけなんだ…と嘆いていても仕方ありません。それでも否応なく次の波はやってきますから。

じっとしているのもいいけれど

他にもいろんな方法はあります。

例えば、瞑想をして心を落ち着かせるとか、内観をするとか。それもとてもいい振り返りになると思うんです。

だけど、内観は毎日毎秒というほどしているけど、現実に振り回されている…と感じる場合には、やっぱり自分が一歩あゆみを進めていく実感が必要だと思うんですよね。

その場合には、ブログを書くとか、家事をこなすとか、仕事を進めてみるとか、とにかくいま一歩先に進む行動の積み上げをしていくことが有効なのではないでしょうか。

実りとは、自分の想像しない場所で

いろんな人の話を聞いていると、自分が一生懸命にひたむきに困難な目標に向かって大きな達成を得たという人はごく一部のように思えます。

どちらかといえば、運命のいたずらや流れの中で、偶発的に出会ったことを自分が受け入れ取り入れていくといつの間にか実りが出ていたという話の方がよく聞く話です。

何かを一生懸命に手に入れることより、自分の中に入ってきたものを生かすことの方が生きやすいのかもしれませんね。そのためにも、毎日今自分ができることを淡々とこなし、チャンスを見逃さないということが大事かもしれません。