こころ

なるべくしなやかに、柔軟に

少し気持ちも体調も落ち着いてきました。

しなやかにいたら、うまくいく

昔から、「頑固だね、あなたは」とよく言われていました。でも私には自覚がありませんでした。

なぜなら、人の言う通りにしてきたつもりだったし、あまり自己主張をしていなかったから。だからこそでしょうか、時たま主張すると「頑固だね」の言葉が返ってきていたんだと思います。

誰だって自分の意見があります。だけど、それをうまく伝えられずに心の奥にしまっていると他の人には伝わりません。そうすると、普段意見がない人が主張することがおかしく思えてくる。だから「なぜ私の言うことを聞いてくれないんだ!」という怒りが「頑固だね」の一言に変わって出てくるのではないかと。

そこには、コミュニケーションの齟齬が生まれています。だからこそ、ちゃんと伝えないといけないし、ちゃんと聞かないといけないんです。

だけど、そんなに簡単にコミュニケーションを取れるはずもなく…だからこそ、お互いが柔軟でいたらいいと思うんですよね。

相手をよく知り、一緒に場を作る

相手を理解するのが一瞬でできる人なんてどこにもいません。それだけ人間って奥深いものだからです。

だから大事にしたい人は特に、時間をかけて理解をしていきたい。起きた事象や状況に振り回されず、その真意がわかるまで時間をかけることです。

一朝一夕で理解できないからこそ、柔軟な姿勢が必要だと思うんです。なるべく柔軟に受け入れるようにしたら、相手も心を開いて柔軟になってくれると思うから。

変われないことなんてないんです。まず変えてみようと思えることが重要なのかもしれません。

笑顔でいたい!

そして「やっぱり最後はちゃんと笑顔でいたいな 」って思うんです。

そのためには、理解する姿勢を持って向き合うことが大事です。変わることが怖くても、変わって良いことが必ずあるはずなんです。その未来にかけて、頑張って変わる。

笑顔になるために、変わる勇気を持つことが重要です。そして少しずつ変わっていけたら笑っていられると思うから。

しがみついて、苦しさを長引かせることはありません。変わらないなら自分が変わっていけばいいじゃないか。大丈夫、辛いことはやり続けられないのが人間なんだから、柔軟に変えていこう。