こころ

「幸せな結婚」「不幸な離婚」という概念を取り除く

YouTubeを見ていて、ふと「幸せな結婚、不幸な離婚というのは企業のマーケティングに洗脳されているんだ」という言葉がスッと入ってきました。

幸せ・不幸は世の中が決めるものなのか?

なぜそんなにすんなり言葉が入ってきたのか振り返ると、私は「幸せな結婚」でもなかったし、「不幸な離婚」でもなかったからです。

結婚すれば幸せになると思い込んで結婚してしまったからこそ、結婚した後の方が悩みは重く深いものになっていったんです。結婚に幻想を抱いてしまっていたんですね。

そして離婚することもだいぶ悩みましたが、結果離婚して良かったと思えることがたくさんあります。自分はなんとか経済的に自立することができましたし、生き抜くためのスキルを身に付けることもできました。相手も離婚した今、新しい道を見つけて精一杯頑張っていると聞いています。お互いの理想を押し付けあい、喧嘩しあっていたあの頃より、自由で幸せなはずです。

結婚は将来を約束するようなものですが、実はとても脆いものだと思います。紙ペラ1枚で契約を結んだり破棄できるからです。契約よりもより硬いものは、お互いの信頼関係や尊敬の方が大いにあり得ます。

そう考えると、急いで契約を結んで安心するより、時間をかけて理解していく関係の方が強固で味わい深い関係になるかもしれません。

同世代の友人の目

先日、友人と話す機会がありました。

2人は結婚して子供もいて、もう一人は結婚してもうすぐ子供が生まれる、もう一人は結婚を間近にしています。その中で唯一離婚してシングルな私。

話題は結婚生活や妊娠・出産についてばかり。時たま私に申し訳ないと思ったのか、「出会い系とか試してみたら?」「会社で出会いはないの?」みたいな質問やオススメが飛んできます。

正直、ありがた迷惑な話だと思ってしまいました。まるで結婚して子供を産むことが正しい道かのように、そこへの道を提示されているような気持ちです。そしてそこへ早く来いと導いてあげているかのような…。本人はそんなつもりはないとは思うのですが…。

結果から導くのか、今を生きるのか

「幸せな結婚=家族がいて守られている」という結果から導けば、そのための行動を起こすべきだという意見はごもっともです。そのための婚活や出会いを求める行動を否定する気はありませんし、今後自分もそういうことをする可能性だってあります。

だけど、今は「幸せとは何か」をもう少し紐解いてみたいです。

結婚をゴールにしても不幸にはなりうるのだし、大切なことは個人の人生に対するマインドセットや幸せに対する条件設定かもしれないと思います。

だったら今日1日が幸せだと思える過ごし方をすれば、将来が見えてくるかもしれないと思います。今を研鑽する毎日が未来に続くようになればいいと、今現在の私はそう思います。だから逆算することは少し脇に置いてみよう。