こころ

気分のアップダウンに対処するには

不思議なことに、気分のアップダウンが多い人とお付き合いしたり、友達もそういう人が多いです。どうしてなのでしょう。

気分のアップダウンがするのはなぜ?

今までそういうアップダウンの激しい人とお付き合いしていく中で思った、そうなる原因は主に以下のことがあると思います。

気分がアップダウンする原因
  1. 生活リズムが崩れている
  2. ストレスが溜まっている(仕事や環境)
  3. 自分に自信が持てない

そして、そういった状態を自分で客観的に把握できず、その状態に対して嫌悪感を持ってしまうからこそ、他の人に気分のアップダウンの激しさを見せてしまうという悪循環に陥っているケースが多いと思います。

他人にそういった状態を見せるという行為は、「甘えたい」「こんな自分を認めてほしい」ということもあるかと思います。

ですがここで「そうだね、そうだね」と言っていると、根本的な問題解決にならず、自分自身も毎回そういう状況を繰り返されて精神的に参ってしまうこともあります。

気分屋さんへの対処法

ではそういった人たちとどう付き合っていくのが良いでしょうか。過去を振り返ってみると、以下の対応がちょうど良さそうに思えます。

気分がアップダウンが激しい人との付き合い方
  1. さらっと受け流す
  2. 相手に引きずられないように客観的になる
  3. 相手の話を聞いた後に、自分の意見を言う
  4. あまりにコミュニケーションが取れない時には距離を置く

というのも、相手が思っているのは「こんなダメな私だけど、今だけでもいいから許容して?」という気持ちなのです。

正直に言って、刹那的な優しさや情けで相手に接し続けると、自分も疲れてしまいます。そして、そういう相手に限って嘘をついているかどうか(なぜか)すごく敏感に感じとるので、無理に相手に合わせようとすると、「本当にそう思っているの?」などと聞かれて余計に面倒なことになります。

正直、「だったら最初から相手に求めてくるんじゃないよ…」とも思ってしまいますが、まあ人間完璧ではないので致し方ないです。自分も人のことを言えない時もありますしね。

気分のムラが激しい時は、自分のことが見えていない時でもありますから、さらりと受け交わしてみるのが良いと思います。それでもずっとぐだぐだ言われてしんどい時には、「ごめん、これっていつまで続くのかな?もう飽きちゃったよ。あと私はずっとこういう話されるのがしんどいのだけど、それもわかってくれるかな?」と正直な自分の気持ちを伝えてみても良いかもしれません。

そこで逆ギレされて縁が切れるような仲だったらそれまでだったということで諦めればいいですから。

気分のムラが激しい人ほど、そういった自分の特性に嫌気がさしています。だから同族嫌悪で同じような人には話しかけたりしません。むしろ、淡白でさっぱりしている人にそういった話をすることの方が多いと思います。

おそらく潜在的に、自分でも「こんなこと気にかけないような人でありたい」と思っているからだと思います。「でも、そういう自分が変じゃないってことを確認したい」という気持ちがあるから、話しかけたりするのかと思います。

(ただし、本当に自分を追い詰めてしまっているような場合は病気の場合もあるので注意が必要です。様子を見てお医者さんに相談するなりしましょう。)

大事な人だけど、自分も同じになる必要はない

根本的には、人の心の問題や悩みはその人が認識しない限りはどうにもならないものだと思います。

なので、同調したりするのはいいですが、全く同じような気持ちを背負ってしまうことは、自分を苦しめることにもなりますし、相手のためにもならないというのが私の考え方のスタンスです。

限界がきたら距離を置いてみて、距離を置いてもダメならそもそもお付き合いをやめてみてもいいと思います。それくらいシンプルに考えられるようになると、関係性が変わっても、心は少し楽になるし、相手もその様子を見て何か根本的に変わってくるのではないでしょうか。

心の問題は、長期化すると時間をかけてしまったことに後悔の念がつきまといます。やりすごしたり関係性を維持することだけに目を向けず、本質的な部分に目を向けていけると良いなと思います。