こころ

人生において、時間とは。

人生において、時間ってとても大事なものだと思う。今、こうしているうちにも時間は過ぎていくのだから。

仕事をするときの環境や時間

リモートワークになって、会社に行かなくても良くなったここ1〜2年。そして、wi-fiの調子が悪くて会社に行くようになったここ2〜3ヶ月。どんなふうに感じ方が変わったか振り返ってみます。

そもそも、会社にいくようになったこと以外にも、恋人の家に行く頻度も多くなり、自分の家で過ごす時間が圧倒的に少なくなっています。

だからこそ、久々に家に帰ってくると、片付けをあれこれやらねば!と思ったり、自分のことをしっかりやらねば!という意識が湧くようになりました。そして、ひとりの時間もやっぱり重要なんだなあと実感したり、空間がもたらす心理的な影響を感じたりしています。

会社なら必然的に仕事をしなければならない状況になるので、仕事に向かい合う時間が多くなりますが、家だとだらけてしまったり、他のことに気をとらわれがち。そういう意味では仕事で会社に行くのも悪くはありません。ですが、通勤時間や疲労のことを考えると、家できっちり仕事をできたことに越したことはないです(笑)

彼の家で仕事をするときには、オンラインMTGの時間が被って、音声に影響がないか気にしたり、狭い部屋で二人並んで仕事をすることの窮屈さに少し戸惑ったりします。最初はあまり気にしないでいましたが、今はその辺はやりやすいように気を使うのがお互いのためと思います。

環境に影響されてだらけてしまうのはもったいない

自分の家ではない場所だと、とかく「今はこれはやれないから仕方ない」とかやらない理由をつけがちな自分を発見します。環境のせいにして、やることを放棄したり、自堕落になってしまっている自分にもやっとしている今日この頃。

そして最近は少しずつ色んな人とリアルでも会うようになってきました。すると、そういう時間が大事にも思えるし、その時間を大事にするためにもやるべきことはスッキリやっておきたい!という気持ちにもなります。

また、この環境下で、いろんな人が死に直面したり、できていたことができなくなってしまったという話も聞くようになりました。そう思うと、何より時間の扱い方が今大事に思えてくるんです。

自由にやれるということの裏返し

リモートワークだ、自由にやれる!と騒いでいた初期とは異なって、今はだいぶそういった自由な働き方が浸透するようになりました。

どの時間に働いてもコミュニケーションをとっても自由だけれど、会社員にとってはやっぱりある程度制約があったからこそうまくやれていたこともあるわけで。そう考えると、自由の使い方も自分次第。本当に身に染みてそれを理解するようになってきました。

自由とは時間をうまく使うこととセットであり、人生も時間の塊なのだから時間の使い方次第で如何様にも変わります。

恋愛に夢中でフワフワお花畑な頭でいた自分にちょっと飽きてきた今日この頃、時間の使い方を改めて考え直し、充実した生活をしていきたいです。