お金

あとちょっとだ…

転職してもうすぐ2ヶ月。給与制度が異なるため、無給の月が1ヶ月あった時期を過ごしました。社会人になって収入が途絶える体験はこれが初めてだったので、振り返ってみます。

無給の間どうしていたのか?

端的に言うと、お金(現金)がないので、クレジットの信用に頼っていました!

お買い物はほとんどクレジットカードで。現金を使わない時だけ、なけなしの現金で支払いをすると言う感じです。

本当に綱渡り的な生活で冷や冷やしていました。心の頼りにしていたのは翌月の収入だけ。収入の予測を立てていたんですが、それが良くなかったです。

年末ということもあって、思わぬ買い物をしてしまいました。ふるさと納税で買い物をしたのが、悪い方に勢いづいてしまったんですね…。

その間に隣人の騒音問題などが発生して、またお金が必要になりそうな状況になって、切ない感じになりました。

お金の管理能力が問われるのは支出のコントロール

この経験から学んだこと。それは、一番お金の管理能力が問われるのは「支出のコントロール力」なのだということです。

稼ぐ力を養うのは、日本では結構難しくないと思います。肉体労働などもいとわなければ、割と簡単に副業先が見つかりやすいからです。

でも一番大切なのは、「収入が増えたときに、支出をコントロールする力があるかどうか」ということです。

人はなぜかお金があるだけ使ってしまう傾向に陥りやすいそうです。(統計でもそういったデータがあるそうです。)私ももれなくそういうタイプなんだと気付きました。

月末に近づくにつれてカードの利用額が多くなっていくのを青ざめながら眺めていました。

またしばらくカード生活をやめてみよう

ちょっと時代錯誤ではあるのですが、2月からカードを使わない生活を再スタートしようと思います。12月・1月は収入がないから仕方ないと思って使っていましたが、それがとんでもないことになってしまったので(苦笑)

カードを使わず、手元の現金のなかで支出を抑えるトレーニングを半年くらい行って、あとのお金はすぐに貯蓄か投資をして忘れることにします。

物理的にない!という感覚が分かる方がコントロールが効かせやすいので、とにかくこれでやってみます。

そしてそれに慣れてきたら、徐々にカード決済でも支出をコントロールできるような仕組みを作っていけたらと思っています。

日々成長。頑張って行こう!