お金

お金の勉強をして、確実に人生が前向きになった話。

毎日、お金とにらめっこしてヒーコラ言いながらなんとか生きながらえているへっぽこな私も、3ヶ月前までは債務者であって、本当に地獄のような日々を送っていました。

そもそも借金を返済しようときちんと行動できたのは、お金の勉強をしたからです。

お金の勉強とは?

およそ10年間借金を繰り返していた私ですが、ちゃんと返済ができていなかった頃の頭の中身は、「とにかく今月生きていくお金をかき集めなきゃ」でした。

利率いくらとか目もくれず、お金を貸してくれそうなところを血眼になって探すというだけでした。なぜなら当時は家族(元・夫)がいて、「なんとか生活費をやりくりしなくては。平気なフリをして、夫には迷惑をかけまい」と思っていたからです。

今となっては、早く言っておけば良かったと思います。なぜなら、返済どころではなくより負債を抱える形になってしまったからです。

夫は散財癖のある人で、「休日は外出と外食をしないと無駄に過ごした気持ちになるから」と、毎週末いろんなところに遊びに行っては、家で食べる食材にもこだわりたがるような人。さらに自分がお金がないときには私に払っておいてとお願いし、「現金がない」と言っても「カードがあるでしょ」とカードまで使って払わせる人でした。(だったら自分のカードを使えば良かったのに…。もうカード残高がなかったのでしょう。)

毎月膨らんでいく借金に頭を抱えながら、最後はお金の問題も絡んで離婚しました。(夫のモラハラっぽい発言が1番の離婚理由ですが…。)

そこから、なんとか一人で生きていくための方法を模索していくためにお金の勉強を始めました。

何を勉強したかというと、以下の通りです。

  1. 家計簿の付け方
  2. 年間の収支の計算方法
  3. 給与明細の見方
  4. FPの勉強(主に税金と社会保険料の勉強)
  5. 簿記の勉強(投資の勉強も兼ねて)

最初は本当に大したことないです。

家計簿さえつけれていなかった私でしたから、まずは家計簿ってどうやって何で付ければいいんだろう?というのを勉強しました。

今はとてもいい時代で、YouTubeやブログなどで無料で良い情報がたくさんあります。自分と同じ境遇の人がどうやって立ち直ったのかを毎晩眺めては、計算する日々でした。

そして初めて計算機を自分で買って、毎晩計算することを日課にしていました。

徐々に税金についてや、投資について勉強したいと思うようになり、そう言った情報のブログやYouTubeを見るのが日課になりました。

そして資格を取りたい!と思い、教科書を買って勉強し、FP3級と簿記3級に受かりました!会社では、そんな資格とってどうするの?と言われましたが、関係ありません。

むしろ会社の同僚が、月10万円の返済額の新築住宅を買いながら、毎晩お酒を飲んだりタバコを吸ったりしつつ、そこで太った体をなおすために高額のジムに通ったりしている話を聞いてびっくりする機会が増えました。(35年ローンを組んでおきながらそんなに浪費して大丈夫なの?と…。)

お金の勉強をして得られたこと

お金の勉強をしてから得られたことはとても多いです。

まず、「人生のコスト感覚」を見つけられたことです。

人生で、一人で生きていくにはどれくらいのお金が必要なのか?さらに、どれだけお金を貯蓄する必要があるのか?そのためには、どの期間までどれだけ働く必要があるのか?を大雑把に理解できました。私の場合、このまま一人だったら少なくとも45歳までは働き続けて貯蓄に励む必要があります。(会社員じゃなくなった場合はまた別ですが)

その間、どのくらいの生活費をかけていくことが自分にとって心地よいのか?ということも考えられるようになりました。私の場合は「月12万円」の生活費があれば、ある程度楽しく生きていけます。これは老人になった時もそのくらいだと思います。(家族ができたらまた別)

さらに嬉しいのは、自分の生活に関することだけでなく、「会社のコスト感覚」にも目を向けられるようになり、仕事でかかる経費をどこまで使えばコスパが良いと言えるのかを自分で考えて伝えられるようになりました。

おかげで、今まで自分がやってこなかった分野の仕事を任せてもらえるようになり、それを生かして副業もゲットできました。いわゆる「マーケ感覚」をゲットできたのだと思います。

お金に悩む人の多くは、「迷惑をかけたくない」と周りを気にする人

実は、お金に悩む人のほとんどが、傲慢な人より気が弱く周りの評価を気にしている人が多いです。(読んだブログのほとんどの人がそういう人たちでした。)

美容をがんばらなきゃとエステで借金。周りの人と同じレベルと思われたくて見栄を張るために借金。家族のために借金、もしくは家族にばれたくなくて借金を隠して頑張っている人…etc.

私ももれなくその一人でした。大学を出て、大企業に入り、周りに引けをとりたくなくて、家族に成功していると思われたくて、見栄のためにお金を使ってきました。誘いを断る勇気もなく、打ち明ける勇気もなくずっと一人で悩んでいました。

でも、お金の勉強をして再起した今思うのは、「みんなそんなに周りのことを気にしていないし、お金は自分のために好きなことに使うのが一番だ。」ということ。

お金の勉強は私の人生のあり方も変えてくれたように思います。身を守るだけでなく、自分のために、自分を幸せにするためにお金を使います。悪いイメージを払拭したいま、「お金は好きです」と言えるようになり、必要なところにお金をかけられる自分が好きでいられます。

もし今お金で悩んでいる方がいたら、悩みをそのままにするより、何か学んだり行動し始めることをおすすめします。特にお金に関して日本人は知らないことがとても多いと思います。

お金で人生は変わります。まずは変えようと一歩踏み出してみましょう。私もこれからも色々あると思いますが、地道に目標を見失わずに楽しくお金と付き合っていきたいです。