のほほん

これからの働き方を試すために、副職サイトに登録をしてみた

コロナで働き方が変化している今、副業を始めたり、自営業に移行するする人をよく見かけるようになりました。

そして私もついに副職サイトに登録をしてみました。

不確定な時代だからこそ、自分で試してみる

「一つの会社に定年まで勤め上げる」という考え方は、私が新卒の時代からすでに古い概念になっていたように思います。

なぜなら、私の勤めてきた全ての企業で退職金を支給する会社はなかったからです。IT企業という業種のためもあるかもしれません。

ですが、現在は業種限らずどの企業も、離職・転職率が多く、その分退職金を用意して運用していくこと自体が困難でリスクが高くなっていると思います。

もともと「長く勤め上げることが安定していて美徳である」という価値観は薄れていたし、さらにコロナになってリモート勤務が必要になり、多種多様な働き方が必要になったことで働き方の価値観を変えざるを得なくなったと思います。

そこで私は今までの一つの企業に勤め続ける働き方に疑問を持つようになりました。

「果たして今のままで未来は大丈夫なのか?」

誰にも答えはわかりませんが、何もせずにまわりの様子を伺ってみるより、今自分でできることを試してみようと思ったのです。

不労所得で過ごすにはまだ早い

元々働くことがそんなに好きではない性格の私は、「45歳でリタイアして、それ以降は不労所得で暮らしたい」と思っていました。

コロナになって働き方が変化している今も、できたら不労所得で生きていけたらいいのに…とかすかな期待を持っています。

ですが、私はまだ借金を完済したばかりで、不労所得を得られるほどの種銭がありません。ブログ収益なども微々たるもので、とても生活していけるレベルではありません。

未来は自分で作っていく意識と行動を

「本当はこれ以上働きたくない」というのが本音です。ですが、何も行動せずに時代に埋もれて惨めな思いをするのはもっと嫌です。

なので、「もしかしたら、副業をすることで自分のやりたい未来が広がるかもしれないし、スキルアップや収入アップが見込めるかもしれない」といい部分だけをみるようにしました。

もしやってみて嫌だったら辞めればいいのです。あまりいい言い方ではないかもしれませんが、「副業だからこそ嫌になったら辞められる」という利点を最大限に生かして、いい部分を吸収できる機会にしたいと思っています。

今までは人のレールの上に乗って、振り回されてきたからこそ嫌な思いをしてきた。

これからはちゃんと自分の目で見て確かめて、自分の意思でコントロールできる最大の機会です。少しハラハラするけれど、やれるところまでやってみようと思います。