仕事

これからは、ストック型の働き方に特化して生きていきたい

コロナになって生活が変わった方もいると思います。私は、緊急事態宣言解除の後も、引き続き会社に行かずに自宅で働くリモートワークが続いています。

リモートワークの中で、一つ確信したことがあります。それは、「これからは時間や場所にとらわれないストック型の働き方ができるはず」ということです。

ストック型の働き方とは?

私の考える「ストック型の働き方」の概念は、「狩猟」と「農耕」で例えられるかもしれません。

縄文時代に人間が狩猟採集をして生きてきたように、会社員の生活というのは明日生きるためのお金を日々稼ぎに行く働き方とします。この働き方は、その時に必要なものを必要な分だけ稼ぐという考え方です。もちろん何割か貯蓄するにしても、月の給料の半分くらいは生活費で消えていきます。また、その月に稼げる量も上限が決まっているため一気に増やすことはなかなかできません。働く時間や場所も限られているので、時間を拘束されて働いています。

それに対して「ストック型の働き方」とは、弥生時代の農耕のように、事前に仕込んでおいて収穫の時期がずれるという働き方です。具体的にいえば、「ブログ」「YouTube」「写真・イラスト素材の販売」「アフィリエイト収入」など、時間は長くかかるけれどいずれ資産になるものを作って時間や場所の概念をずらして働くという働き方です。これらは、どれだけ稼げるか完全に把握することはできませんが、手をかけておけば少なからず反応があり、自分だけの資産が積み上がるものです。

ストック型の働き方が魅力的な理由

ストック型の働き方の良いところは以下のような点があるかと思います。

  • 時間にとらわれず自分のペースで働ける
  • 働く場所にもとらわれない
  • 頑張った分だけ結果になって現れる(=稼げる金額の天井がない)

人にあわせて働くのが辛かったり、もともとマイペースな人にとってはとても働きやすい環境になると思います。私もどちらかといえば個人主義で、チームワークを発揮するのが苦手なタイプ(人が嫌いなわけじゃないです。マイペースすぎるだけw)なので、この働き方を確立できたら最高だな、と思うのです。

前からフリーランスでこういった働き方をされている方はいらっしゃると思いますが、副業やサイドビジネスとして行われている人が多かったと思います。ですが、コロナの影響で世界の働き方が変わり、働くことに対しての価値観が変わりつつある今、ストック型で働くことは夢物語ではなくなってきていると感じました。

満員電車に乗り、苦手な人間関係や上下関係に板挟みになり、辛くても会社に行かないとお金がもらえない。そんな働き方は少しずつなくなっていくと思います。

ストック型の働き方のデメリット

もちろんストック型の働き方にもデメリットはあると思います。例えば、以下のように。

  • 計画的にお金を増やす仕組みづくりが難しい
  • 稼げるまでに時間がかかる
  • 続けないと収入は途絶える可能性が高い(資産価値が高いと長続きする)

つまり、ストック型の働き方を許容するということは計画性を少しゆるく捉えておくことが必要になってくると思います。

家族もいるし、今日のお金がないなんて難しい!という場合は「狩猟型の働き方(=会社員など)」と「ストック型の働き方」を併用してから徐々に移行するのも良さそうです。

私自身は、まだまだ目の前の資産を増やさないとストック型の働き方に完全移行は難しいかなと思っています。セミリタイアを実現するときストック型の働き方にシフトできているよう、これからもコツコツ日々の積み上げをマイペースに頑張っていきたいです。