こころ

20代の自分に送る手紙。30代の私より。

 

拝啓、20代の自分へ

今、何に悩んでいますか?30代の私は、正直お金に困っています(笑)

それだけが一番の心配事ですが、でも20代の頃のような焦りはなくなってきたかと思います。「今日何食べよう」とか「晴れて嬉しい」とか、「少し痩せたかな?」そんな少しの変化が嬉しく思えるようになってきました。

こんなことを言うと、20代のあなたを「何をのんきなこと言ってんだ!」とイライラさせてしまうかもしれません(笑)。実はね、これでものんきでいられない時期を過ごしました。

というのも、これからあなたは結婚して、ブラック企業に勤めて、離婚して、すぐには返せないような額の借金をするからです。

「いきなり何言うの?!そんな訳ないじゃん!てか将来の自分ならせめてオブラートに包んでいいこと言ってくれ」って感じですよね。…そうです、そんな過去をやり直せるならやり直してみたいです。(だから手紙書いてみた)

もし今過去をやり直せるとして、声をかけられるなら、伝えたいことはただひとつだと思います。

「どうか焦らないで」

同期や同世代の仕事ぶりと自分を比べるより、自分の好きなことを磨いて強みにしてください。ブルーオーシャンとレッドオーシャンって言葉をまだ知らないかもしれないけれど、できるならブルーオーシャンを目指してみよう。そうすると、周りを気にせず自分のペースで生きやすくなるよ。未来は変わるから、今の常識にばかり目を向けないで、自分の心と向き合ってみてください。

そして、27、28歳になった頃、焦って結婚しないように(笑)。

結婚って思っているよりすごく大きなイベントです。やっぱり恋愛とは少し違った類のものだと思います。好きと言う気持ちは大事にしつつ、家族として一緒に生活していけるイメージができるかどうか、よく考えてみてください。

例えば、金銭感覚や生活の価値観、仕事の価値観、夫婦の価値観などです。想像できないのであれば、2人でそういう話をじっくりしてみてください。もし、そういう話をできない相手なら、あなたには向いてないからやめた方がいい。「だけどいいところもあるから…」は嫌われたくない自分のための言葉です。そういう自分からは卒業しましょう。

お金について。小さな頃のトラウマでお金は汚いとか、そんなものに左右されたくないと思っているだろうけど、その考えがとてつもなくあなたの人生を左右してます(笑)

お金とは、水と同じくらい生きるために必要なものです。これから先の未来では変わってしまうかもしれないけれど、30代の今は変わらずお金は大切な生活のツールです。そして、お金の知識を得ておくと、世の中の仕組みが理解しやすくなり、生きやすくなります。どうかトラウマを克服して、思い込みから抜け出し、フラットに現状を捉えてみてください。ないものはない、人生同様お金は作り出していくものなのだと。

最後に。それでもやっぱり昔のあなたに感謝しています。

昔のあなたがいなければ今の私はいないのだから。だから恐れることなく、焦ることもなく、堂々と自分の人生を生きてください。

生きているだけで100点満点、そう思える未来が来るよ(30代の私はそうだよ!)

 

ちょっとした茶番ですが、書いてみました。今20代の方がいれば、私の失敗をぜひ参考にしていただけたら幸いです。

次は40代の自分への手紙を書いてみようか。